MENU
nico

50代の情報発信
ひとりでも楽しむシンプルな暮らし
趣味・健康・気になったこと
韓国エンタメ・おすすめ料理
医療事務の仕事と資格のこと
ブログ運営とHOW TO

【医療事務】50代からでも遅くない資格と仕事について

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ドクターといえばコトー。50代nicoです。

医療事務の資格について

医療事務の仕事について

  • 気になるけどよくわからない
  • 50代には無理かしら
  • 難しそうね

そう思っている方はぜひ参考にしてください。

医療事務の仕事できるかしら
目次

はじめに:医療事務について

医療事務の仕事に資格は必要ありません

資格があった方が働きやすいのでたくさんの資格があります。
なので資格と仕事をセットで考えてみました。

医療事務は女性だけの仕事ではありません

大きな病院の夜間勤務やクレーム対応など男性でも必要とされています。
年齢層などについては各医療機関で変わります。

私たち50代女性が資格をとって仕事をしたいと思うと、なんとなく最初に浮かぶのが医療事務ではないでしょうか。

医療事務の求人を見ると、50代60代活躍中をよく目にします。

私も50代目前に資格を取り、働き始めました!
初めての医療機関での仕事でおぼえる事もたくさんあり、泣きながら仕事に行った事もあります。
でも患者さんから感謝の言葉を言われた時は、本当に嬉しかったです。
そしてこの先何かの理由で転居をする事になったとしても、医療事務の仕事であれば探しやすいかもしれません。

医療事務とはどんな仕事

病院で受付や会計をしてくれる人、そんなイメージでしょうか。

私たちにとても身近な病院で働く、事務職全般を、医療事務とよんでいます。

私も医療事務の勉強をするまでは「受付にいるスタッフ」というイメージでした。

受付会計

受付会計は医療事務の大事な仕事です。
でもこれだけだったら、わざわざ資格をとる必要はありません。

レセプト業務

医療事務の大きな仕事の一つにレセプトと呼ばれる業務があります。レセプト業務は日々の業務から、月に一度の提出業務まで様々あります。

レセプト=診療報酬明細書とは
「医療費のレシートのようなもの」です。。
医療機関は診療をするとすべてカルテに記載します。
カルテをもとに診療報酬という点数で医療費を計算します。
この医療費を計算したものが診療報酬明細=レセプトです。
医療費は窓口で患者さん負担分を請求します。
残りの医療費は1ヶ月に一度健康保険組合に請求します。
この健康保険組合に医療費を請求するための書類がレセプトです。

診療報酬は医療機関の収入です。

レセプトは法律でたくさんの事が定められています。間違いのない仕事をしないといけません。

患者さんと医療スタッフをつなぐ

患者さんと医療スタッフをつなぐのも事務職の仕事です。

お医者さんに聞きづらい事も、受付にいるスタッフには気軽に聞けますよね。

入院病棟診察室でも

大きな病院では入院病棟診察室にも、医療事務の仕事はあります。

医療事務の仕事が向いている人

  • コミュニケーション能力のある人
  • 事務作業が得意な人
  • 人の役に立ちたいというホスピタリティのある人

いろいろな人がきますので、ホスピタリティはとても大事です。

医療事務の資格

医療事務資格は、民間資格でたくさんのものがあります。

たくさんある医療事務資格

同じ医療事務でも、いろいろあって何を勉強するか迷うところです。

  • 医療事務(医療知識・レセプト知識など)
  • 医療秘書系の資格(医療知識を備えた接遇など)
  • 医師事務作業補助者の資格(ドクターズクラークともいわれ、医者の事務作業の補助業務)
  • 診療情報管理の資格(診療情報の管理を専門に行う。難易度が高い)
  • 医事コンピューターの資格(医療事務やレセプトコンピューターに関する知識など)

療事務資格といっても主催機関、認定機関がたくさんあります。

最初は基礎となるレセプト=診療報酬明細書について学べる資格を目指しましょう

レセプトが学べる資格の主なもの

診療報酬請求事務実務認定試験
最も難易度の高い資格といわれ、厚生労働省認定試験。
主催:財団法人日本医療保険事務協会。認知度、信頼度が高い

病院などでの実務経験者の受験が多い
試験は年2回実施。内容は医療制度、法規などの学科問題
レセプト作成の実技問題。他の医療事務資格試験

医療事務技能審査試験(メディカル クラーク(R))
主催:一般財団法人 日本医療教育財団対

策患者待遇や医療事務知識・診療報酬請求事務の学科と実技がある
試験は毎月実施。通学・通信など対策講座も多数ある

医療事務管理士技能認定試験
主催:技能認定振興協会

医療保険制度などの法規・レセプト業務・医療用語など。学科と実技がある
医科と歯科があり試験は年6回実施

医科2級医療事務実能力認定試験
主催:全国医療福祉協会

診療報酬明細書作成技能・診療報酬に関する知識、医療関連法規に関する知識
年3回実施l。学科と実技

他にもたくさんの資格があります。これらは医療事務の基礎を学べます。

医療事務の仕事

医療事務といっても、働く場所や部署によって違うことがたくさんあります。

医療事務について、こちらもどうぞ。

医療事務は働く場所で仕事が違う

医療事務の仕事といっても、資格も様々あるように仕事内容も実に多彩です。

病院とクリニックでも違います。

診察科が違っても、仕事内容は変わってくるでしょう。

病院とは、20人以上の入院施設がある医療機関
診療所とは、入院ができない、または19人以下の入院施設がある。クリニックとも呼ばれる

  • 私たちが風邪などで行くのはクリニック
  • 手術などで入院をするのが病院

このようなイメージですが、他にも細かく法律の決まりがあり分類されています。

クリニックで働く

クリニックは、医者・看護師・検査技師・事務などスタッフは少人数です。

事務以外のスタッフを手伝ったり、フォローしあって仕事をしています。

アットホームな雰囲気の所も多いでしょう。

受付などの患者対応

  • 診察券や保険証を預り受付
  • 問診票の記入をお願い
  • 症状を聞いたり、体温測定など

受付はクリニックの顔です

会計業務

  • 診療費の請求のための入力業務
  • 医療費の会計レジ業務
  • 会計後には次回の来院予約の案内

レセプト業務

  • 診療内容を点数に直しレセプト作成
  • 今はほとんどがレセプトコンピューターを使用
  • 医師の診察内容の確認。点検業務
  • 毎月1日〜10日の間に各支払い期間へ請求

病院で働く

病院には多くの患者さんとスタッフがいます。

受付・クラーク・レセプトなど分業制にしているところが多いです。

外来と入院でも違いがあります。

配置される部署によって仕事内容は変わってきます。

受付、会計、レセプト業務は、患者数や診療科は増えますが基本的には同じです。

カルテ管理業務クラーク業務

  • 病院ではたくさんのカルテがあるため管理を担当する仕事がある
  • クラークは医師や看護師の事務サポート

紙カルテと電子カルテ

カルテの形態によっても仕事は変わります。

カルテとは医者が診療行為を行なった際、それを記録するもの

昔は紙のカルテでしたが、今は電子カルテも多く利用されています。

どちらも診療報酬点数の知識は、必要になります。

まとめ:医療事務仕事と資格について

医療機関には、医師、看護師のほかにもお給料の高い仕事がたくさんあります。

医療事務の仕事は、決してお給料が高いとはいえません。

しかしやりがいのある仕事なのは確かです。

長く働く事ができ、勤務場所、勤務時間などを選べる事もあります。働きやすいといえると思います。

資格取得をして、基礎的な事を知っていた方が仕事に慣れる

それぞれの病院の考え方によって、変わって来ることもたくさんあります。

でも資格取得をして、基礎的な事を知っていた方が、仕事に慣れるのも早くなるでしょう。

医療事務は50代女性がたくさん活躍しています。

求人があるということは、私たち世代が必要とされている場所

どんなに憧れの職場でも、必要とされなければ働けません。

今から始めたら、まだまだ長く働くことができます

#最後までお読みいただきありがとうございました♭

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる