MENU
nico

50代の情報発信
ひとりでも楽しむシンプルな暮らし
趣味・健康・気になったこと
韓国エンタメ・おすすめ料理
医療事務の仕事と資格のこと
ブログ運営とHOW TO

50代女性が働きやすい【医療事務】おすすめポイントと本音

湿布をきれいにはりたい。50代nicoです。

医療事務が50代女性におすすめな理由

こんな方におすすめ記事です。

  • 医療事務ってどうなの?
  • 医療事務大変そう・・

50代女性にもいろいろあるおススメポイントを紹介します。

医療事務おすすめです。
目次

はじめに:50代からの仕事

老後のために、もう少し働きたい

子育てが終わって時間ができたら、仕事をしたい。

まだのんびりするには少し早い、50代女性。

先の事を考えて今から始める仕事は、なにを選ぶかとても大事です。

私も50代目前に医療機関で働き始めました

始めての医療機関での仕事は、大変なこともたくさんありました。
でも、やりがいがあります。
これから先もまだ、働き続けます。

事務職ですので、パソコンスキルは必須になります。

医療事務の仕事とは

医療機関で受付や会計をするスタッフ、と思っていませんか。

医療機関で働く事務職全般を医療事務といっていますが、他にもたくさんの業務があります。

私たちに身近な病院での仕事です。

病院で働くからといっても、お医者さんや看護師さんのように資格はなくても大丈夫です。

  • 受付や会計
  • カルテの管理
  • レセプト業務
  • 庶務業務
  • 医師や看護師のサポート業務

医療事務の仕事、なんとなくイメージはできましたか

50代女性には大変そうですか?でも今から始めても遅くはありません。

医療事務講座で資格取得だったらユーキャン

医療事務50代女性におすすめのポイント

どんな仕事をするにしても、最初は不安です。

医療の世界は、とくに難しそうなイメージがありますよね。

でも50代女性でも、まだまだ大丈夫です。

50代女性におすすめのポイントはこちら

  • 勤務先が近くにある
  • 休日や勤務時間がえらべる
  • 50代60代女性の求人がある
  • 長く働くことができるリスト

勤務先が家の近くにたくさんある

みなさん近所にある病院、いくつ思い浮かびますか。

行った事はなくてもあそこにもあった、こんなところにもあったのね、と思う事よくあると思います。

小さなクリニックから大きな病院、歯医者さんも含めると本当にたくさんあります

2020年日本の医療施設の数は17万9303施設

医療機関はコロナ禍においてさまざまな問題もあり大変ですが、病院がなくなることはありません

高齢化社会において医療機関の仕事は、ますます必要になります。

医療機関がたくさんあるということは、働く場所がたくさんあるということです。

わざわざ都心に行かなくても、仕事に行けたら便利ですよね。

通勤時間はお給料をもらえない

通勤に時間がかからないのは、忙しい50代女性にとっては大きなメリットです。

近所だとこんなに便利

私のおすすめ家から近いメリット
  • 自転車で通える
    駐輪場があるところも多く、自転車だと帰りに買い物をしても便利
  • 通勤の服装を気にしなくていい
    ほとんど制服があります。近所なので通勤の服装は気にしなくてすむ
  • 昼休みに家に帰れる
    クリニックなどお昼休みが2時間というところも
  • お昼休みに家に帰って家事をしたり、買い物もできる
  • 緊急事すぐ帰宅できる
    子供の病気や急なことがあったとき、時間をかけずに帰れる

仕事が終わったら早く家に帰って、食事をしてゆっくりしたいですよね。

近所だと、とりあえず早く家につくことができます。

医療事務の休日や勤務時間はいろいろ

病院やクリニックなど、どこで働くかによって勤務スタイルが変わります。

たくさんの中から、自分が働きたいと思う医療機関を探す事ができます。

クリニックと病院の違い

  • 20床以上の入院施設があるのは病院
  • それ以外はクリニック・診療所

検査や手術で入院するのが病院

かぜなどをひいた時に行くのがクリニック

そんなイメージです。

各医療機関の休診日などによっても変わりますので、働き方がたくさんあります。

自分にあったところを、さがしましょう。

クリニックの場合

  • 週休2日が多い
  • 土曜の午前中は診療時間
  • 日曜・祝日は休診日が多い

このようなところが多いでしょう。

少ない人数で仕事をしているため、事務以外の仕事もあることがあります。

休み
  • 職員が少ないため休みは取りづらい場合も
  • 週2日固定の休診日があるところがほとんど
  • パートなどの場合は、週3日勤務などさまざま
勤務時間
  • 8:30受付開始のところが多い
  • お昼休みが長いところが多い
  • パートなどは午前だけ、午後だけというところも

病院の場合

  • 休診日は日曜祝日
  • 土曜の午前中は診療時間
  • 受付時間:8:30〜11:30、12:30〜16:00などいろいろ

患者さんや診療科が多いため仕事の量は多いが、分業制のところも多い。

休み
  • 大きな病院ではシフト制も多い
  • 職員が多い分比較的お休みはとりやすい
勤務時間
  • 受付時間は短いが患者さんが多いので終わらないことも多い
  • 早出、遅出勤務などさまざま

クリニックや病院の規模や人数、雇用形態によって勤務の仕方も変わります。

  • 週2日から週3日以上
  • 午前だけ午後だけ勤務可
  • シフト制で週休2日以上

まずは医療事務講座の資料請求から

履歴書に書ける資格なら

医療事務には50代60代女性の求人がある

年を重ねてから仕事を探すのは、だんだん狭き門になっていきます。

事務職はとくにそうです。

やはり若い人には勝てません

でも医療事務の求人はありますよ

  • 50代60代活躍中
  • 資格がなくても未経験歓迎

というものが多数あって、私たち50代女性も必要とされています。

若い人にはない経験がある

年を重ねたからわかる、人の痛みがあるはずです。

医療機関は病気の人が来ますから、元気なだけでは仕事はできません

患者さんに寄り添った気持ちで対応するホスピタリティが大事です。

50代女性だからこそのコミュニケーション力をアピール

正社員

正社員の仕事は勤務形態は忙しく大変です。

  • 給与賞与が高い
  • 福利厚生などがきちんとある
  • 厚生年金に加入できる

老後を考えると大事なこと

パート・アルバイト・契約社員

パートなどの求人は、たくさんあります。

  • 時短勤務
  • 週3日の勤務
  • 有給休暇がとりやい

希望に合わせて働けますよ

正社員よりお給料が安い分、ライフスタイルにあったところがあります。

派遣登録

医療事務の派遣登録は、数多くあります。

気になる求人があったら、登録してみるのもおすすめです。

医療機関派遣で働くのは普通のこと。

派遣のお医者さんもたくさんいるよ

医師や看護師、検査技師さんなども派遣でお仕事をしています。

ひとつの派遣会社から、同じ病院にたくさんの職員が派遣されていることも。

その場合は、サポートなども受けやすくなります。

50代以上もたくさん働いていますよ

同じ年代の人がいると思うと、少し安心しますよね。

私たち世代でも仕事があって、働ける場所があるということです。

医療事務は長く働くことができる

50代以上の方が、たくさん現役で仕事をしている医療事務。

私より先輩もたくさん

長く働き続けることができる」ということです。

50代の私たちが、今から始めても60代まで10年は働けます。

一度仕事をおぼえたら、やめてもまた復帰することも可能

いろいろ変わることはあっても基本は同じ

スキルを身につけて幅広く働くことができます。

おまけです

インフルエンザの「予防接種をすぐできる」という医療機関があります。

インフルエンザの流行時期には、たくさんの患者さんがきます。

今はコロナ禍もあり、心配が増えています。

そんな中毎日たくさんの患者さんと接する医療従事者は、感染の確率もあがります。

職員は流行前に予防接種を受ける事ができる所は、少なくありません。

遅くなると、ワクチンがなくなりますので。

医療機関の規模や考え方にもよりますので、あくまでもおまけです。

医療事務の本音は大変なこともあります

仕事ですから、やはり大変なこともあります。

仕事をしてみての本音です

業務の幅が広く常に勉強が必要

  • 病名、医療器具、薬の名前など専門用語がたくさんある
  • クリニックなどでは、特に業務の幅は広くなる
  • 毎年4月に診療報酬の改訂が行われるため勉強が必要
  • 法律が変わると対応する事が増える

常に正確性が求められる

  • 会計ではお金を扱いますので間違うと患者さんへ迷惑をかけます
  • レセプト業務は細かい事も多く数もこなさなくてはいけません

医師、看護師など専門職が多い

医療機関は、医師など専門家が多いため気を使うことが多い

でも優しい先生もたくさんいるよ

患者さんは患者さま

  • 医療機関にとって患者さんはお客さま。気遣いが大事
  • 患者さんにはホスピタリティのある対応が求められる
  • 痛みを持って来院されるので様々な感情の方がいる

繁忙期がある

  • 月に一度保険請求をする月初はとくに忙しい
  • 月曜日、月末など患者さんが集中する
  • かぜやインフルエンザの時期は忙しい

給与は高くない

医療機関は医師の他にも給与が高い職種がたくさんあります。

そのため、事務職の給与は低い傾向にあります。

体調管理感染症対策が必要

コロナ禍においては特に気を付けなければいけないことです。

自分自身もそうですが、まわりにも気を使います。

いろいろ大変なこともありますが、どんな仕事も同じです。

辛いのは最初だけ。慣れてしまえば長く続けられます。

医療事務はやりがいがある

医療従事者のひとりです

  • 社会で必要とされる医療機関誇りを持って仕事ができます。

感謝の言葉

  • 患者さんから感謝の言葉をかけられた時は、本当によかったとやりがいを感じます。

知識が深まる

  • 医療や薬のことをおぼえることによって知識が深まる

どんな仕事もやりがいはありますが、医療の現場では充実感が違います

まとめ:医療事務の仕事について

医療機関といってもたくさんありますので、その分たくさんの仕事もあります。

そして働き方もいろいろとあります。

その中で自分に合った場所を見つける事が一番大事です。

大変なこともありますが、頑張った先にはやりがいもあります。

どんな仕事も一年頑張ればベテランに!

医療事務もひとつの選択肢に入れてみてください。

老後までまだ少しあります、今から始めたらまだ遅くありません。


医療事務ランキング

#最後までお読みいただきありがとうございました♭

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる