MENU
nico

50代の情報発信
ひとりでも楽しむシンプルな暮らし
趣味・健康・気になったこと
韓国エンタメ・おすすめ料理
医療事務の仕事と資格のこと
ブログ運営とHOW TO

【50代医療事務】勤務していたクリニックが閉院した時のことと本音

URLをコピーする
URLをコピーしました!

天使といえば森永。50代nicoです。

勤務先のクリニックが閉院した時のこと
  • 小さなクリニック
  • 勤務して2年ほど
  • 初めての勤務先
  • 医療事務員は私だけ

このような状況で仕事をしていたクリニックが閉院した時のことです。

えっ!来月閉院?
目次

働いていたクリニックが閉院することになって思ったこと

一般企業でいえば倒産と同じですが、勤務していたクリニックが閉院したことがあります。

私が医療事務の資格を取得して、初めて働いたクリニックです。

地方都市の駅から歩いて10分
  • 一般的な内科診療で、地域のかかりつけクリニック
  • 職員は院長ひとり、看護師ひとり、事務員ひとり
  • もともとは20年以上前に開業後、経営者が変わって5年
  • 患者さんはどんどん減って、常に赤字経営だった(と思う)
  • ある病院のグループクリニックとして、赤字再建中

その時のメンバーは4人

正職員として働きはじめて、2年ほどたった時でした。

突然院長から、クリニック閉院といわれます。

来月で閉院します

院長:グループ病院傘下になって、現在雇われ院長。内科全般、なんでもとりあえず診察する。

先生、わかりました

看護師さん:患者さん第一、仕事大好きなナースの中のナース。パート勤務。

今までお世話になりました

事務員(私):安定を求めて医療事務の仕事につくも、失業の危機。50代正職員

みなさんお疲れ様でした

グループ病院担当者:たまに様子を見にくるが、決定権はない中間管理職

と、こんなメンバーで仕事をしていました。

少ない人数だったため、家庭的な雰囲気のクリニックです。

閉院と聞いた時の本音

最初に「クリニックを閉院します」と聞いた時は、こんなことを思いました。

私が最初に思った本音
  • やっぱりだけど、早過ぎじゃない
  • やっと終わるんだ〜
  • ここの後片付け大変そう!
  • 1ヶ月しかないのに、患者さん大丈夫かな

今後の不安というよりは、1ヶ月を乗り切ることができれば終わるとの気持ちでいました。

病院といっても、利益が出る経営をしなければ成り立ちません。

初めての医療機関での仕事でしたが、働いているといろいろなことが見えてきます。

どう考えても、経営がうまくいっているようには見えませんでした。

そのため、いつかはなくなるかもしれないと常に思っていました。

いつかは来月だった

  • 経営本体はグループ病院
  • 責任者は院長だけど雇われ
  • 看護師、事務員は希望すればグループ病院で勤務できる
  • グループ病院の担当者がいろいろ手続きをする

閉院までの約1ヶ月を、慌ただしく過ごすことになりました。

閉院は突然に。1ヶ月後は急すぎる

閉院の話を聞いたとき「やっぱり」と思いました。

でもいつかは閉院になっても、こんなに早くとは夢にも思いませんでした。

ある病院のグループクリニックになって、経営立て直しをしている最中です。

その2ヶ月ほど前に、賃貸契約の更新もありました。

そのため閉院までは、もう少し時間があると勝手に思っていました。

閉院が決まったらすること

医療機関には、毎日たくさんの患者さんがきます。

患者さんが少ないといっても、かかりつけ医として毎月来ている人がたくさんいました。

まずはそのたくさんの患者さんに、閉院することをお知らせしなければなりません。

そしてたくさんの法律のもと医療行為をする医療機関は、役所の届出などが様々あります。

  1. 掲示をして患者さんなどに知らせる
  2. 各関係機関に届出をする
  3. 薬局や連携医療機関に知らせる
  4. 出入り業者などに知らせる

他にもいろいろありますが、最初はこんなことが必要でした。

役所などの手続きは、グループ病院の担当者の仕事でした。

私はとにかく患者さんが困らないように、先生と看護師さんのフォローすることが一番大事でした。

長い間かかりつけ医として、通ってきてくれていた患者さんです。

閉院までの1ヶ月しか期間がなく、申し訳ない気持ちになりました。

このブラックな環境がこれでやっと終わる

小さなクリニックでしたので、患者さんも多くはありませんでした。

事務員は私ひとり。

クリニック内のことは、看護師さんと二人でいろいろしていました。

たまにグループ病院の担当者がきて、いろいろな管理などをしていました。

私の勤務状況
  • 最初は事務員が5人体制だった
  • ひとりずつやめていき、最後に残ったのは私ひとりだった
  • 有給はあったがひとりなので、とれない
  • 残業をすることがあるが、残業代は申請していない
  • 掃除、備品整理ほか、仕事はなんでもしていた
  • 紙カルテのためレセプト入力は大事な仕事だった

最初は5人体制でスタート

縁あって働き始めたクリニック。最初は私を含め5人体制でした。

とはいっても他の4名は、午前だけ午後だけ平日3日勤務などパート勤務でした。

みなさんベテランでしたので、医療事務の仕事のイロハを教えたいただきました。

しかしそれぞれ諸事情により、ひとり減り、二人減り気がつけば私一人になってしまいます。

あれ、みんないなくなった

そのため最後の1年ほどは、事務の仕事を一人でしていました。

  • 受付・会計・電話対応
  • 予約管理・カルテ管理
  • レセプト入力・保険請求
  • 備品管理

とにかく専門的な資格のいらない仕事以外は、なんでもやってました。

一人になってしまった

診療時間は、一般的なクリニックと同じです。

パートさんがやめていった時、当然新しい事務員を採用すると思っていました。

でも全くそんな気配がないまま、1年がたっていました。

労務管理はタイムカードで

勤務時間

正職員として働いていたので、朝の受付の準備から最後の診療までフル稼働

早めにきて掃除をして、帰りはシャッターをおろして看板を片付けます。

忙しい時は昼休みも仕事をしていましたが、それ以外は昼寝の時間でした。

お休み

日曜、祝日と平日1日、土曜日の午後が休診日。

事務員は私ひとりのため、休診日以外は絶対に休めません

そのためどんなに台風がきても雪が降っても、急に休んだことはありませんでした。

健康だけがとりえでよかった

有給と残業

有給はきちんとありましたが、変わりになる人がいないためとることができません。

その中でも、どうしても休まないといけないことが1度ありました。

派遣会社に医療事務の募集をして、3日だけきてもらいました。

派遣会社の人が来たとき以外は有給を取ることもなく、働きました。

有給をとりたいといえば、派遣会社を手配してくれたと思います。

でもそのための引き継ぎに時間をとられて、日常業務が忙しくなってしまいます。

繁忙期などは、残業をすることもありました。

でもいろいろな事をしているうちに、どこまでが残業なのかわからなくなるので結局申請しませんでした。

1年間医療事務の仕事を一人でして思ったこと

そのうち新しい人が入ってくると思っていましたが、結局そんな事はありませんでした。

仕事自体は忙しい時もあれば、暇な時もある毎日です。

ルーティン的な仕事には慣れていましたが、それでも大変だと思うことがたくさんありました。

医療事務の大変なこと
  • 患者さまにはとても神経を使う
  • 仕事を間違うとたくさんの人に迷惑をかける
  • 時間が読めないことが多い

日常業務でも、かなり精神的に大変です。

一人で大変なこと
  • 仕事の相談をする人がいない
  • わからない事は自分で解決
  • 休むことができないというプレッシャー

どんな仕事をしても苦労はつきものです。私も一人で事務をしていたこの1年間は、本当に大変でした。

そんな中で、クリニック閉院のはなしです。

困ったというよりは、なんとなくホッとした気持ちが大きかったです。

求人情報なら

閉院の準備は片付けが大変

閉院することになって、最初に思ったことの一つ。

片付けるの大変そう

私は家でも、いらないものはどんどん捨てます。

クリニックでも、必要最低限のもので仕事をしていました。

しかしそこは医療機関。法律で定めれらた保管期限や保管書類がたくさんあります。

特に大量の紙カルテを、きちんとわかるようにして箱につめ整理しないといけません。

カルテ保管期限は、最終診療日から5年間

閉院するからといって、捨てることはできません

それ以外にも20年以上も前からの、いろいろなものがあります。

  • いるもの
  • いらないもの
  • グループ病院へ持っていくもの

このような選別をほぼ一人でやったので、今思うと結構大変でした。

1ヶ月しかないけど患者さん大丈夫かな

閉院が決まったら、一番最初にお知らせをしないといけないのが患者さま。

「病院に行ったら突然無くなっていた」という事もたまにあるようなので、1ヶ月前でもお知らせができるのはいい方かもしれません。

  • 院内外にお知らせの掲示をする
  • 閉院のお知らせのハガキを郵送する
  • 看護師から電話をする

このような方法でお知らせをしましたが、本当に申し訳ない気持ちでした。

患者さんそれぞれの状況がありますが、なるべくたくさんの患者さんに伝わるようにしました。

何年も通い続けてくれている患者さんも、たくさんいます。

それを急にかかりつけ医を変えなければならないのは、不安もあり大変なことです。

最初はみなさん、本当に驚いていました。

そして、これからどうしたらいいのか困ってしまう人がほとんどです。

次の病院を決めてもらい、紹介状を先生に書いてもらいます。

紹介状はなくても大丈夫ですが、あった方が次の先生に引継ぎがしやすいです

患者さんがこれからも安心して医療を受けられるように、少しでも力になれるようにと思って仕事をしました。

そんな中患者さんからは、本当に暖かい言葉をたくさんもらいました。

頑張ってきてよかった

本当にそう思い、感謝の気持ちで最後まで頑張ることができました。

こちらも参考にどうぞ

まとめ:クリニック突然の閉院後のこと

今は、どんな仕事も厳しい世の中です。

医療機関も、例外ではありません。

でも医療機関の仕事は大変ですが、やはりなくなることはありません

閉院と決まってから1ヶ月間、本当にあっという間に最終日をむかえました。

かかりつけ医としていた患者さんのほとんどは、次の病院が決まりました。

院長も看護師さんも、グループ病院ではありませんがすぐに次の病院が決まりました。

医師・看護師など、国家資格者はたくさんの選択肢があります

私は閉院後のクリニック引き渡しまで約1ヶ月、最後の後片付けをしました。

そして今までとれなかった有給で少しおやすみして、グループ病院へ転籍となりました。

そこでは今までと全然違う仕事になり、またイチから仕事をおぼえてスタートしました。

しかし今まで勉強した資格と経験は、とても役に立っています。

また資格をとって勉強していたからこそ、若くはありませんでしたが次も働くことができたと思います。

50代の仕事は、資格はないよりはあった方がいい

次の仕事を探そうと思うと、選択肢が広がることは間違いありません。

この経験から、本当に資格をとってよかったと思いました。

まだまだ老後のために働かなくてはいけないので。

医療事務の資格についてこちらもどうぞ

気になる医療事務資格の資料請求がまとめてできるシカトル

資格を取るなら実績のユーキャン


医療事務ランキング

#最後までお読みいただきありがとうございました♭

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる