MENU
nico

50代の情報発信
ひとりでも楽しむシンプルな暮らし
趣味・健康・気になったこと
韓国エンタメ・おすすめ料理
医療事務の仕事と資格のこと
ブログ運営とHOW TO

【50代医療事務】の仕事でいろいろ思う本音はこんな感じです

URLをコピーする
URLをコピーしました!

注射の針は凝視する。50代nicoです。

医療事務で働く50代の本音

「医療事務は50代で働くにはどうなのかしら」

そう思っている方は必見。

50代の私が、実際に仕事をして思っている本音ですよ。

私の本音を書いてます
目次

初めての医療事務

私は40代後半から医療事務の仕事を始めました。

それまで派遣やパートも含め一般事務の経験はあります。

50才手前で医療事務で働き始めて、今までとは全然違うなと思っています。

そして今までの様々な経験がとても役にたっているとも思います。

本当に思った良かったこと、大変なことなどを書いています。

最初に働いたのは、風邪を引いたらいくような近所のクリニックです。

スタッフも多くはなかったので、いろいろな業務がありました。

いろいろな医療機関がありますが、そのうちのひとつでのことです。

医療事務で最初に思った10のことと お給料

実際に働いてみると、思っていたイメージとは全然違いました。

最初の3ヶ月くらいはとてもネガティブな気持ちで仕事をしていたものです。

その最初の頃に感じたことで、

あれ?今までの仕事となんか違うなと単純に思った10のことです。

業務以外編1〜5

1事務職だけどお客さま商売

医療機関にとって患者さんはお客さま。そのため様々なことに気配りが必要です。
患者さんにはいろいろな人がいますので、言葉の使い方などは接客業と同じです。

働き始めて一番違うと思ったことです。

2朝が早い

受付時間が8時30分開始が多いと思います。
でもそれより早く来る患者さんが多いので、8時には準備を始めます。

一般事務だと9時始業の少し前に席に着く、というのが多いと思いますがそれよりは早く出勤します。

3昼休みが長い

クリニックは昼休みが1時間30分から2時間というところがほとんどです。
買い物に行ったり、昼寝をしたりしますがかなり長いです。

休み時間が長くて慣れるまで変な感じでした。
本を読んだり昼寝をしますが、ベッドで寝る事もあります。

4いつ終わるかわからならい

昼も帰りも、患者さんの受付や診療内容によって終わる時間が左右されます。
早く終わることもありますが、その時になってみないとわからないのです。

予定のある時などは、少し困ります。

5医師とのコミュニケーションのとり方がわからない

いろいろな医師がいてそれぞれの雰囲気もありますが、最初は医師との距離感がわかりませんでした。

職場内ではえらい人だけど、仕事の上司とは違うのです。

業務編 6〜10

6薬局からよく電話がくる

患者さんは処方せんを持って薬局に行きます。薬剤師は不明なことを疑義照会といって医師に確認をします。

その電話がけっこう多くその対応でも時間がとられます。

7常に確認をすることがたくさんある

保険証、診察券、カルテ、カルテ入力内容、処方せん、診療明細、領収書、会計金額など他にも確認することがたくさんあります。

間違いのないように常に確認をしながら仕事をします。

8治療、検査、薬など聞き慣れない言葉がたくさんある

初めてきく言葉も多く、似ているものもあるので慣れるまでは大変でした。

9同姓同名が多い

たくさんの患者さんの中に同姓同名がいるんだなと改めて思いました。
そのため本人確認はとても重要です。

10パソコンスキルは必須

患者さんが待っていますので、少しでも早く作業をする必要があります。

思っている以上にパソコンが使えないと、仕事になりません

他にもいろいろありますが・・・

靴下・ハイソックスがOKなんていうのも新鮮でした。

お給料のこと

勤務先や勤務形態にもよりますが、お給料は決して高くありません。

医療機関には医師のほかに看護師、検査技師など多くの国家資格を持つ仕事があります。

当然そのような仕事はお給料が高くなります。

その中で働く事務職のお給料はあまり期待しない方がいいです。

そういうものだと思って働いています。

医療事務で大変なこと 5選

どんな仕事にも大変なことはあります。

特に最初は。

でも、仕事をおぼえて続けていくうちに慣れてくるものです。

例えば『医師の書いたカルテの字が読めない』『聞き慣れない用語』などもそのうち慣れてきます。

仕事には慣れた今でも大変だなと思う5つのことです。

1 間違いが許されないプレッシャー

毎日たくさんの患者さんが来院します。保険の種類から、診察内容、お薬など全部違います。常に確認漏れのないように気を使います。

レセプト入力や書類作成などいろいろ業務で、正確な仕事が求められます。

ひとつの間違いがたくさんの人に迷惑をかけることもしばしば。後から大変なことになります。

そのため間違ってはいけなというプレッシャーが常にあります。

そうはいっても人間ですから、間違ってしまうこともあります。

間違いを少なくする努力は常に必要です。

2 患者さんの対応

医療事務は接客業ということを考えると患者さんの対応はとても大事です。

患者さんは体調が悪いなどの理由があって病院に来ます。

その症状や状況はいろいろです。

どんな人にもホスピタリティーを持って接する

医療従事者の一人として、常に忘れてはいけないことです。

3 常に勉強が必要

新しい治療や検査、薬などわからない事は調べておぼえます

それが毎日のようにあります。

また2年に一度4月に診療報酬の改定があり、勉強会もあります。

そのほかにも法律や運用が変わった時は、きちんと把握しておかなければなりません。

医療の世界は常に進歩していますので、日々勉強です。

4 時間が読めない・忙しい

自分のペースで仕事ができないので、いつ終わるかわかりません

受付時間があと少しで終わる、と思っていても駆けつけてくる患者さんがいます。

診療が長引いたり、点滴が終わらない時もあります。

電話をとりながら仕事をしたり、とにかく忙しく1日が終わります

また月に一度のレセプト提出の時は残業をすることも。

1ヶ月が終わるのがとても早く感じます。

5 職場内の人間関係

仕事をする上でのコミュニケーション、人間関係はとても大事です。

医療機関の規模によっても変わりますが、医療機関は女性が多い職場です。

たくさんの職種もあって、年齢層も幅広いので気を使う事も多いです。

私は事務的なことではなく、精神的な面が大変だと思っています
これは仕事を続ける限りなくならないと思います。
仕事は仕事と切り替えをすることが大事ですね。

医療事務の良かったこと 5選

大変な事もあれば良いこともありますが、仕事に慣れた今だから思える良かった事です。

1 医学的知識が増える

担当する診療科などによっても変わりますが、自然と薬や検査の事などをおぼえてきます。

知らないよりは知っておいて損はないことばかりです。

2 医療事務としてのスキルとやりがい

仕事をおぼえて慣れてくると、やりがいのある仕事です。

パソコンや書類作成などの事務作業、患者対応や電話応対などの接遇。

どれも今までの経験を活かす事ができています。

今の50代だから臨機応変に仕事をできている、と思う事がたくさんあります。

今は、医療従事者にスポットがあたる事が増えました。その一員として仕事をしていますので大変な仕事でも誇りに思います。

3 患者さんから感謝される

患者さんやその家族の方に感謝の言葉をかけられた時などは、本当に嬉しく感じます。

頑張って良かったと思える一番のことです。

4 通勤時間が短い

家の近くに医療機関があると、徒歩で通勤ができてとても楽です。

交通渋滞や電車の遅延など、時間を気にしなくてすみます。

50代の今、なるべく早く帰って家事をして、早く寝るのはとても大事です。

医療事務はほとんど制服があります。職場が近いと服装なども気にせず通勤できます。

5 長く働けて安定している、転職しやすい

40才後半に、私が医療事務の仕事を目指した一番の理由です。

現役で働いている70代の方もいます。

大変なことはあっても肉体労働ではありませんので、仕事に慣れていれば長く働くことができます。

現代の高齢化社会では、医療機関がなくなることもありません。

求人は派遣やパートでも募集をしています。

転居をする事があっても仕事を探しやすかったり、働き方が選べるのです。

いつどうなるかわからない世の中。

何かあってもなんとかなると思えるのは悪い事ではありません。

医療事務の仕事についてまとめ

私自身も改めて、医療事務の仕事について考えることができました。

日々の仕事の中では大変な事も、もちろんたくさんあります。

でも若い人とは違うアピールができる仕事です。

最初の3ヶ月くらいは、泣きながら仕事に行った事もありました。

私の失敗談
仕事を始めて2日目に、保険証の確認でミスをした事がありました。
保険証が変わっていたのをきちんと確認をしていませんでした。
会計も終わり患者さんも帰った後で、それ以降電話も繋がらず・・
確認する事の大切さを、しっかり学びました。

いろいろな事を勉強し、教えてもらいながら今にいたります。

たくさんある仕事の中から医療事務を選んで良かったと思っています。

50代になって老後の事を考えると、少しでも長く働かなければなりません。

それができる仕事です。

50代だけど医療事務の仕事をしてみたい、

そう思っている方がいましたらまだ大丈夫です。

選択肢のひとつにしてみてください。

#最後まで読んでいただきありがとうございました♭

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる