MENU
nico

50代の情報発信
ひとりでも楽しむシンプルな暮らし
趣味・健康・気になったこと
韓国エンタメ・おすすめ料理
医療事務の仕事と資格のこと
ブログ運営とHOW TO

韓国と日本の違いにビックリした事|やっぱり映画館もパリパリ文化!

ジマクハ。50代nicoです。

この記事はこんなあなたのために
  • 韓国と日本の文化の違いが気になる
  • 韓国のパリパリ文化を知りたい
  • 韓国の映画館情報を知りたい

初めての韓国旅行は20年以上前の私が、一番ビックリしたことです。

ビックリ

韓国を表す言葉に「パリパリ文化」というのがあります。

「パリ」「文化」と聞いて、どんなイメージがわきましたか?

私も韓国旅行に行くと、この「パリパリ文化」を感じる事がよくあります。

その中でも一番ビックリしたことです。

ちなみにフランスのパリとは一切関係ありませんよ。

目次

韓国と日本の違いにビックリしたパリパリ文化とは?

韓国ドラマをよくみる方はこの「パリ」という言葉、聞いたことがありませんか?

いろいろなシーンで出てきますが、日常的によく使われている言葉です。

パリパリの意味は

親が子供にとか友達同士、カップルでも「パリパリ」とよく言います。

パリ = 早く 
発音は「パㇽリ

韓国の人は、とにかく「せっかち」です。

そのためこの「パリ」を、何度も言います。

しかも「早く早く」「すぐに」ということで「パリパリ」と、2回続けてよく言っています。

正確な発音は小さな「」が間に入るのですが、あまりにもせっかちにしゃべる結果「パリ」になるそうです。

「どんだけせっかちなんだー」という感じですよね。

パリパリ文化とは

パリパリ=早く早く

とにかく韓国の人はせっかちで、なんでも早くないと気がすまないという事

私もわりとせっかちで、結論は先に言って欲しいタイプです。

でも韓国ではレベルが全然違って、ビックリする事がたくさんあるのですよ〜

私もせっかちだけど・・・

韓国でパリパリは当たり前

旅行に行くと、いろいろなものが「ハヤ!」と思う事があります。

食事編

食堂など料理を注文すると、まず「パンチャン」とよばれる「おかず」がすぐ出てきます

料理が遅くてお店の人に「まだですか?」と聞くこともありません、すぐ出てくるので。

ちょっと時間がかかるものでも、パンチャンが並んでいるとメイン料理が遅く感じないのかもしれませんね。

行列に並んで食べるのを嫌うので、早く出して回転を早くしているのです。

私はあまり感じた事がありませんが、韓国の人は食べるのも早いそうですよ。

交通編

地下鉄で乗り降りする時も、どんどん乗ってどんどん降りてきます

日本のように「降りる人が先」ということは、ありません。

信号を渡る時青になってから赤に変わるのが早いなーと思うのですが、これはパリパリとは関係ない?

でも周りの人は歩くのも早く感じるので、多分問題ないんだと思います。

買い物編

コンビニやスーパーで飲み物などを飲みながら、もしくは飲み終わってから会計をしている人がいます。

マナー的にも日本ではありえませんが、割とよく見かける光景です。

ペダルといって、デリバリー文化が盛んな韓国。

そのため、いろんなメニューの宅配が存在します。

  • 配達が本当に早い
  • どこにでも持ってきてくれる!
  • 食べたいときにすぐ食べられる!

という事で、これは「嬉しいパリパリ」です。

日本でもコロナ禍でデリバリーが増えましたが、ペダルは韓国ドラマでもよくあるシーンです。

ジャージャー麺が食べたいと言ってます

ジャジャミョンモゴシッポ

日本でデリバリーなら

初めてのウーバーイーツならコチラ

2回目以降のウーバーイーツならコチラ

その他

「韓国あるある」で、よくいわれていることが他にもあります。

  • バスの運転手さんがせっかちなため、乗るアピールをしないと待ってくれない
  • 建物の完成が日本とは比べ物にならないくらい、とにかく早い
  • が完成する前に住み始める人がいる

日本では考えられない事ばかりですが、せっかちな韓国ならではですね。

パリパリ韓国人には例外も

ここまで韓国の人が本当にせっかちだという事を書いてきましたが、もちろん例外もあります。

いろいろな人がいますので、おっとりした性格の人もいますよ

私の友達通称「スンちゃん」は、まさにこの例外のタイプなのです。

日本に旅行に来ていたスンちゃんと、韓国料理店で知り合って意気投合。

共通点は「スルゴレ」でした!←気になった方はググってみてくださいね

私はその頃すでに1人で韓国旅行に行っていたので、現地の友達が欲しいと思っていました。

スンちゃんもとっても日本が好きで、何度か旅行にきていたのです。

お互い友達になりたいと思って、すぐにLINEの交換をしました。

LINEの翻訳さんを通してやりとりをするので、若干「え?」という事はありますが意思の疎通はできます

私が韓国に行くとたまに家に泊めてもらったり、一緒にご飯を食べたりお出かけをします。

スンちゃんはとてもお嬢様だからか、どんな時もいつもゆったりしています。

せっかちを感じたことはありませんし、どちらかというと私の方がせっかちです。

スンちゃん本物のお嬢さま

車の運転をしていて割り込まれて怒っている時も、話し方もとてもスローリーで優しい雰囲気

食事をしていても、ゆっくりペースで食べます。

私の知っている人の中で唯一、おっとりしている「スンちゃん」です。

韓国と日本の違いで一番ビックリしたパリパリ文化とは?

韓国にひとりで行く事も増えてきて、韓国語もほんの少しわかるようになってきた頃。

それまで気になっていた、映画を観に行くことにしました。

その後も特に予定がない時に、たまにシネコンに行って映画をみる事があります。

  • 言語は英語
  • 字幕は韓国語

これだとなんとな〜くですが、内容をつかめる事が多いので大体は洋画をみます。

かなり、想像力を働かせてみますけどね!

そんな映画を初めて見に行った時に、本当にビックリしたことです。

これ、どういうこと?

韓国で初めての映画鑑賞は「マイインターン」

シネコンに行って、窓口でチケットを買います

なんとなくのカタコト韓国語でも通じるので、チケットを買うのは簡単です。

飛行機をLccにすることが多くなってからは、機内サービスで映画をみることができません。

でも旅行先で映画を見るのが、ちょっとした楽しみになっています。

ドリンクや食べるものを買って食事代わりにしながら、映画鑑賞をすることもあります。

売ってる食べ物が豊富で、ちょっとしたフードコート並みにあるのです。

料金は、日本円にして約1000円ちょっと

日本で映画を見ると最近は「2000円近く」するので、それよりは安くみることができます

韓国で初めてみたのは「マイ・インターン」でした。

出典:Amazon

アン・ハサウェイ可愛いい〜

ストーリーも想像できるので、わかりやすいかなと思って決めました。

マイインターン面白かった〜「えっ」!

私は映画館に行ったら「エンドロール」の最後まで、ちゃんとみます。

基本ケチなので、途中で席を立ったらもったいない気がして。←理由はそこ笑

映画のストーリーも大体はわかって、うんいい映画だったと余韻にひたろうと思っていたとき

韓国ではエンドロールに入るか入らないかで、どんどんみんな席を立っていきます。

さすが「パリパリ文化」みんな最後までみないんだ・・・と思っていたら、

なんと館内の電気がついたのです!

「えっ」

どういうこと・・・

明るくなった館内で「えっ」と思っていると今度は、従業員がやってきました。

まさかのエンドロールが流れている中、掃除を始めたのです!

そうなったら、私も席をたたないわけにはいきません。

何かの間違いだったのか、たまたまだったのか、何が何だかわけがわかりませんでした。

何か間違いがあったのかも

それで、映画鑑賞の時間は終わりました。

どの映画も同じパリパリです

その後も旅行に行って何もする事がない時など、たまに映画をみています。

日本よりも、少しですが安いなーと思って。

でもどの映画を見ても、エンドロールを最後までゆっくりはみれません。

私が行くのは同じシネコンですが、多分どこの映画館も同じだと思います。

最近はそんなもんなんだと思って、私もエンドロールでちゃっちゃと席を立つようにしています。

強制退場だけどね・・・

みんながエンドロールをみないから、電気がつくようになったのか

電気がつくから、みんな席を立つようになったのか

どちらが先かわかりませんが、エンドロールを最後までみることはできません

エンドロールで流れる

  • 「continue・・・続編あり」
  • ピクサー映画の「おまけ的映像」
  • たまにある「NG集」

これらは、みることができません。

でもさすがに「Bohemian Rhapsody」と「Joker」は「もう少しゆっくりみたいわ!」と、思いましたね。

その後韓国の人にこのエンドロールの話をしてみましたが、あまり理解されませんでした・・・

これが「普通」ということなんでしょう♪

それでも日本より少し安いし、時間のある時にはこれからもシネコンに行くと思います。

結論はコスパが大事

ちなみに後から日本語字幕版をみて「あっそういうことだったのか〜」と思うことは、多数あり(笑)←わかってなかったってこと

韓国語字幕を読めるようになりたい時はコチラ

韓国と日本の違いで一番ビックリしたパリパリ文化のまとめ

お隣の国とはいっても、本当にたくさん文化の違いがあってビックリする事があります。

私のビックリナンバー1は、ダントツで「映画のエンドロールをみない!」でした。

というより「映画のエンドロールをみれない!」が正しい表現ですね。

エンドロールって日本だと「見る派」「見ない派」に大きく分かれますよね。

でも韓国では「選択の余地無し」で、見る事ができないんです。

エンドロール見る派の私には、少し残念な気持ちがありますが他の国はどうなんでしょうか?

もしかしたら、そんな最後までみるのは日本人だけ?

という疑問を持ちつつ、ゆっくり最後までみるなら日本でみましょう♪

よかったらコチラの記事もぜひどうぞ
韓国旅行歴20年|料理と買い物から始まって今はエンタメも大好き!

 韓国はいつから行ける?旅行プチ情報5選|心の準備をしておきましょう

#最後までお読みいただきありがとうございました♭

おウチで映画を見るならコチラ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる